有限会社 上村商店  会 社 概 要
 

明治12年 [1879]

初代・上村甚三郎により開業

大正13年 [1925]  

二代目・上村甚之丞 入店

昭和20年 [1945]

仙台空襲により店舗焼失

昭和34年 [1959]

三代目・上村甚一 入店

昭和38年 [1963]

有限会社 上村商店に改組

昭和48年 [1973]

本社ビル建設のため国分町に仮工場及び仮店舗を開店 井戸水を改めて掘る

昭和49年 [1974]

現在地に上村ビル落成

昭和52年 [1977]

本社ビル西側を工場として拡充

昭和63年 [1988]

安全衛生に係る優良事業場として厚生大臣賞を受賞

平成元年 [1989]

伊達家紋章の一つ「三ッ引両」の使用許可を頂き御譜代ブランドに使用・製造開始

平成3年 [1991]

四代目・上村修治 入社

平成8年 [1996]

業界初の技能功労賞を二代目・上村甚之丞が受賞

平成11年 [1999]

代表取締役に三代目・上村甚一 就任

平成13年 [2001]

構想5年・商品開発に9ヶ月もの期間を要した御譜代豆腐 扇 製造販売開始

平成16年 [2004]

御譜代豆腐全5品が3E宮城県認証食品として受任

平成18年 [2006]

技能功労賞を三代目・上村甚一が受賞

平成20年 [2008]

彩黄金豆腐・あぶらあげが3E宮城県認証食品として受任

平成22年 [2010]

代表取締役社長を三代目・上村甚一が退任

後任として代表取締役社長に四代目・上村修治が就任

10月2日(豆腐の日)より、リヤカー/移動販売車による行商開始

平成26年 [2014]

三代目・上村甚一 村井嘉浩宮城県知事より産業功労賞を受賞

店舗外観(仙台市青葉区大町)